アラフィフの心と体

空の巣症候群再び…

空の巣症候群再びサムネ

一回で終わらなかった空の巣症候群

ショック

 

こんにちは、まめ子です。

私は5年前、子宮筋腫のため子宮全摘術を受けました。

そしてその直後に娘がマレーシアに正規留学…(>_<)

大事な女性臓器と愛おしい娘を同時期に失い、世にいう空の巣症候群になってしまいました。

本当に寂しくて辛い日々でしたが、なんとか乗り越えることができました!

と、ブログにも書いてたんですけどね…

 

空の巣症候群
私が【空の巣症候群】を克服できた5つのこと

続きを見る

 

またやってきました。空の巣症候群!

 

まめ子
一回で終わりじゃないんか〜い!

 

と、ツッコミたくなっちゃいます(^^)

 

娘のマレーシア留学が決定

マレーシアバンダー

 

マレーシアの大学に留学していた娘は、コロナの影響(おかげで?)で卒業前に帰国。

日本でオンライン授業とインターンシップを終え、無事に卒業できました。

 

せっかく留学したのに、もっとマレーシアで生活したかった〜

 

と嘆く娘を尻目に、私と夫はニヤリ(#^.^#)

帰ってきてくれてよかった〜♡

だって娘がいると、ただ一緒にご飯を食べたりスーパーに買い物に行ったりするだけで楽しいんだもの♪

べったり一緒にいない日も、なんとなく「気配を感じる」だけで幸せなんですよね。

 

☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

 

ところが私たちの思いとは裏腹に、志半ばで帰国してしまった娘は、さらなる野望を抱いていたのです。

 

次はマレーシアの大学でマスターをとりたい!

 

えっ???また行くの?
まめ子

 

結局娘の熱意に圧倒され、マレーシアでの大学院進学を認めることにしました。

 

もう子離れしないとダメなんだけど…

 

 

マレーシアの大学に行って、将来は東南アジアで働いてみたい!

 

5年前に娘からこんな突拍子もない告白をされてから

「この子はやがて遠くに行っちゃう子。これから自分の人生を歩いて行くんだから早く子離れしないと…

と自分に言い聞かせてきました。

そしてやっと夫婦二人だけの生活にも慣れてきていたのに、娘が帰国した途端、子供中心の生活に逆戻り。

空の巣症候群克服にはあんなに時間がかかったのに、逆戻りは早い早い。

 

まめ子
一緒に住めなくてもいいから、ずっと近くで生活してほしいなぁ♡離れたくな〜い

 

こんな親のエゴが芽生えてスクスクと成長する中、ついに留学の準備が整ってしまいました( ; ; )

あ〜また娘は遠い異国の地へ。

 

涙で見送る母のイメージ

 

お母さん泣かないでね。私の代わりにお父さんと仲良くね〜!

 

娘よ。お母さんはね、別にお父さんと仲が悪いわけじゃないのよ。

でも決してお父さんはあなたの代わりにはなれない…。(ここだけの話笑)

心の中でそう呟きながら見送りました。

こりゃあ、またリハビリに時間がかかりそうです。

 

娘を追いかけてマレーシアへ

娘を送り出してから1カ月。

元の静かな、静かすぎるくらい静かな生活に戻りました。

食事も2人だけならラク〜。手抜きもOK。

お風呂の順番も気にしなくていい。

そんなちっぽけな「いいこと」もあります。

でも娘に会いたいなぁ。

会いたくて会いたくて震える〜♪

って気持ちもよく分かる。(*^^*)

冬に帰国するまで待とうと思ってたけど…。

もう無理

 

迷った挙句、夫の「行って様子見てくれば?」という言葉に背中を押されて、マレーシア行きを決断しました!

 

まめ子
よし!我慢しないで会いたい時に会いに行こう!

 

2回目の空の巣症候群は、1回目の時よりたくましくなったみたい。

 

ブログランキングに参加中!ポチッとしていただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ 

-アラフィフの心と体
-

Copyright© セカンドハーフdiary , 2022 All Rights Reserved.