日々の暮らし

シロカの全自動コーヒーメーカー【カフェばこ SC-A371】のレビュー*良いとこ&悪いとこ

2021/3/02

シロカカフェばこサムネ

 

こんにちは、まめ子です。

シロカの全自動コーヒーメーカー「カフェばこ SC-A371」購入したので、レビューしていきます。

 

  • たくさんのコーヒーメーカーの中からカフェばこ SC-A371を選んだ理由
  • 実際に使ってみて良かったところ
  • 購入前には気づかなかった残念なところ

 

こんな内容についてまとめてみたので、コーヒーメーカーの購入を考えている方はぜひ参考にしてください!

 

カフェばこ SC-A371を選んだ理由

今話題の16時間断食を始めて1年半。

「朝はコーヒーだけ」が習慣になりました。

 

まめ子
朝食代わりなんだし、挽きたての美味しいコーヒーが飲みたいなぁ…

 

と思ったのが購入のきっかけです。

新しいコーヒーメーカーに望んだことは次の5つ。

 

  • ミル付き
  • タイマー機能付き
  • ステンレスタイプのコーヒーサーバー
  • 給水タンクが取り外せる
  • 価格が2万円以下

 

この条件をすべてクリアしていたのがシロカの「カフェばこ SC-A371」です。

もちろん、口コミ評価が高かったことも大きなポイント。

結果的に選んで大正解の商品でした!

 

カフェばこ SC-A371の紹介

今回買ったコーヒーメーカーがこちら。

 

 

楽天市場で18,480円(税込)で購入しました。

それでは、「カフェばこ SC-A371」の特徴を紹介していきます!

 

サイズ

サイズは、幅16.2×奥行28×高さ26.4cm

家にあったボックスティッシュと比べてみるとこんな感じです。

シロカとティッシュ

シロカとティッシュ2

 

なんとなくサイズ感が伝わりますか?

恥ずかしながら、初めてミル付きのコーヒーメーカーを買ったので、想像以上に大きくてビックリ!

ネットでは正面から撮った写真が多いので、もっと小さいイメージでした。

サイズを確認してから買ったつもりでしたが、やはり実物は違いますね。

ミル付きのコーヒーメーカーの中ではコンパクトなタイプなんだそう。

 

給水タンク

給水タンクはこだわったポイントの一つ。

取り外しができるので、蛇口から直接水を入れることができます。

使った後も、洗って乾かせるので衛生的です!

シロカ給水タンク

 

シロカ3

 

フィルター

コーヒーサーバーの上のお弁当箱みたいな部分を持ち上げると、メッシュフィルターが入っていて、そこにコーヒーを入れます。

フィルター

 

フィルター

この部分も取り外して洗えるのでお手入れがラクチン。

 

使い方

ボタンは3つだけで、操作がとても簡単です。

  • 時刻やタイマーを設定するボタン
  • 豆モードか粉モードかを選ぶボタン
  • 何倍コーヒーを作るか選択、抽出開始・中止・保温停止ボタン

 

豆の挽き方は「中挽き」だけなので、こだわりがある方には物足りないかもしれません。

 

まめ子
私たちはそこまでこだわりがないので、中挽きオンリーでもぜんぜんオッケー!

 

保温機能

コーヒーの抽出が終わってから、自動的に30分間保温されます。

カウントダウンの数字も表示されます。

 

ステンレスのコーヒーサーバー

 

ステンレスタイプのコーヒーサーバー

 

私はそそっかしいので、ガラスタイプのサーバーを何度も割っています。(>_<)

なので、次に買うならステンレスのサーバーと決めていました。

コーヒーの風味を保ったまま保温できるメリットもあります。

  • 淹れたコーヒーはすぐ飲み切る人
  • 食器を割ることがない落ち着いた人(笑)

こんな人には、価格が安いガラスタイプがオススメです!

 

ガラスサーバーのタイプはこちら!

 

抽出にかかる時間

マグカップ2杯分のコーヒーを豆から淹れた場合、「豆を挽く→蒸らす→抽出する」すべての工程に約10分かかりました。

 

タイマー機能

コーヒーから始まる朝のイメージ

 

朝起きる時間に合わせてセットしているので、コーヒーのいい香りで目覚めることができます。

 

まめ子
最高の贅沢♡

 

ただコーヒーの抽出時間が約10分と短いので、個人的には朝以外でタイマーをセットする必要は感じません。

 

カフェばこ SC-A371を使ってみて「良かったところ」と「残念なところ」

「カフェばこ SC-A371」を実際に使ってみた感想をまとめます。

 

ココがいい

  • 簡単に美味しいコーヒーが淹れられる
  • 全部取り外して洗えるのでお手入れがラク
  • 単純にデザインがオシャレ
  • タイマー機能で飲みたいときに挽きたてのコーヒーが飲める

 

ココが残念

  • 電源プラグを抜くと、せっかく設定した時計がリセットされてしまう
  • 付属の軽量スプーンが粉専用なので、コーヒー豆の場合は計量する手間がかかる

 

わが家では毎朝タイマーをセットしたいので、電源プラグを入れて定位置に置くことにしました。

これまで使っていた(ミルが付いていない)コーヒーメーカーに比べるとかなり場所を取りますが、見た目がオシャレなので良しとします。

スプーンについては、好みの豆の量が分かってきたので、毎回計量しなくても大丈夫になりました。

 

ということで、今のところは良かったところが残念なところを上回っているという状態です。(^_-)-☆

 

シロカの全自動コーヒーメーカー「カフェばこ SC-A371」のレビュー まとめ

今回購入した「カフェばこ SC-A371」は…

*挽きたての美味しいコーヒーが飲みたい

*朝はコーヒーの香りで目覚めたい

という希望を叶えてくれました。

豆の挽き方はこだわらない私たち夫婦には、十分すぎる優秀なコーヒーメーカーでした!

コーヒーメーカーの購入を考えている方は、シロカの「カフェばこ SC-A371」もぜひ候補に入れてみてください!

 

 

おまけ:「サタプラ」のコーヒーメーカーひたすら試してランキングベスト5

参考までに、2021年1月16日放送の『サタプラ』で取り上げられたコーヒーメーカーをご紹介します。

市販のコーヒーメーカー15種類の中から番組独自の方法で選んだ「買って損しないオススメのコーヒーメーカーベスト5」です。

気になる商品があれば、チェックしてみてください!

第1位 ツインバード工業『全自動コーヒーメーカー』

 

 

第2位 アイリスオーヤマ『全自動コーヒーメーカー』

 

 

3位 タイガー魔法瓶『コーヒーメーカー』

 

 

4位 Toffy『カスタムドリップコーヒーメーカー』

 

 

5位 メリタ『アロマフレッシュサーモ』

ブログランキングに参加中!ポチッとしていただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ 

-日々の暮らし

Copyright© セカンドハーフdiary , 2022 All Rights Reserved.