日々の暮らし

「ガラスの50代」は、50歳からの人生に希望がもてる本|女子会気分も味わえます!

2021/1/19

ガラスの50代

 

今年50歳を迎えるまめ子です。

酒井順子さんの『ガラスの50代』を読みました。

ついつい50という数字に目がいってしまう私。

それに高校生のころ、光GENJIの「ガラスの十代」が大流行。

アラフィフ世代は、反応せずにはいられません。笑

 

ガラスの50代帯付き

 

買ってから知ったのですが、本書はWebマガジン「mi-mollet(ミモレ)」の人気連載が本になったものです。

 

まめ子
マジ?ネットで読めるという事実

 

でも、自分の手元に置いて何度も読み返したいと思えるステキな本でした。♡

「ガラスの50代」は、こんな人におすすめ!

  • 50代ならではの思いを誰かと共有したい人
  • 歳をとることをネガティブに考えている人
  • スカッと笑いたい人

 

まめ子
アラフィフ女子ならきっと楽しめるはず!

 

著者の『酒井順子』さんってどんな人?

酒井順子さんのプロフィール

1966年生まれ。

東京都出身。

高校生の時から雑誌にコラムの執筆を始める。

立教大学卒業後、広告代理店勤務を経て執筆に専念。

2003年に発表した『負け犬の遠吠え』はベストセラーとなり、婦人公論文芸賞、講談社エッセイ賞を受賞。

〈著 書〉

『ユーミンの罪』『地震と独身』『オリーブの罠』『子の無い人生』『源氏姉妹』『男尊女子』『百年の女ー「婦人公論」が見た大正、昭和、平成』『次の人、どうぞ!』『家族終了』『平成ガールフレンズ』など多数。

 

まめ子
女性のデリケートな本音を鋭く、しかもユーモアいっぱいに表現する天才だと思う(≧∀≦)

 

「ガラスの50代」の目次

ガラスの50代」の目次は、次の通りです。

・三度目の成人式

・若見せバブル崩壊

・働くおばさん

・「懐かしむ」というレジャー

・昭和と令和

・感情は摩耗するのか

・母を嫌いになりたくないのに

・朽ちゆく肉体、追いつかぬ気分

・性人生の晩年を生きる

・五十代独身問題

・再会と再開の季節

・初孫ショック

・「エモい」と「無常」

・セクハラ意識低い系世代

・自分がえり

・三つの「キン」

・コロナと五十代

・好きなように老けさせて

<付 録>

ガラスの50代 読者大アンケート

 

まめ子
目次だけ見ても、面白そうな匂いがプンプンします。笑

 

「ガラスの50代」を読んで特に印象に残った内容

 

中年女性のグループ

 

50代で「3度目の成人式」を迎える⁈

著者の感覚では、二十歳で振袖を着るのは「仮の成人式」。

真の成人式」を30代のどこかで迎え、若さと完全に決別した50代で「3度目の成人式」を迎えるとのこと。

これ、分かる気がします!

若さとの決別」は悲しい限りですが、これからさらなる大人へ向けて、「三度目の成人式を迎える」と思うと、希望がわいてきます。

 

50代はBBとBAに分かれる

 

バブル世代の人

 

就職活動をバブル只中にしたか、バブル崩壊後にしたかによって、人の感覚が大きく異なるようです。

 

BB=ビフォア・バブル崩壊

今50代の人たち。比較的楽に就職することができた世代。

「ギンギン」「イケイケ」

 

BA=アフター・バブル崩壊

団塊ジュニア、氷河期世代と言われる人が含まれる。

「さらさら」「まったり」

 

私はバブル崩壊後に就活したので、「BA世代」ということになります。

ほんの数年の違いなら、BB世代の楽しさを経験してみたかったなぁ。(笑)

消費の楽しさを知っているBB世代が、消費以外に牽引してきもの。

それが「アンチ・エイジング」思想です。

でも、そんなBB世代でさえも、50代となって「若者」の土俵から引退しようとしている。。。

若見せバブル」の崩壊(T_T)

時の経過に抗い続けるのは、やはり難しいようです。

 

母親が重い

 

老いた母親の手

 

母親が重い...

実はこれ、最近友達と会うと決まって出てくる話題です。

「元気でいてくれるだけいいか…」

とお互いを慰め合ってはみるものの、「娘に依存してくる母親の面倒を、一体いつまでみなきゃいけないの?」という不安はぬぐえません。(>_<)

以下は、特に深く共感できた部分です。

 

昔であれば、人は年をとって孫を抱いたなら、さほどの時を経ずしてあの世へと旅立っていたもの。

対して今、「ばあば」は孫の結婚式に出席し、ひ孫を抱いた後でも元気に海外旅行に出かけたりします。

ばあば達が長い余生を過ごす時に夫に先立たれていたならば、その愚痴も不満もおしゃべりも、受け止めるのは娘ということになるのでした。

(引用:ガラスの50代 P83)

 

まめ子
あ~、長生きするのもいいのか悪いのか…

 

「母親がウザい、重い」と思ってしまうことへの罪悪感もあるし、娘の心は複雑です。

と同時に、娘を持つ親としては、

将来、娘にこんな思いをさせないように精神的に自立しないと。。。

と改めて自分を戒めました。

 

50代読者のアンケート

 

個人的には、付録の「読者大アンケート」も楽しめました。

 

アンケートの内容

  • これから挑戦してみたいことを教えてください
  • 50代にできるようになったこと、好きになったものを教えてください・・・

 

などなど、全部で9つのアンケート結果が載っています。

 

まめ子
人生いろいろだなぁ…

 

「ガラスの50代」の感想(まとめ)

明るい花

 

本書を読みながら、「わかる、わかる〜」と笑ってみたり、「50代ってやっぱりそういうお年頃なのね」と妙に納得してみたり。。。

自分よりほんの少しだけ先を生きているステキな女性の言葉には、説得力があります。

ナーバスな内容も、著者のユーモアあふれる表現で重くなりすぎないからいい!

ワイワイ女子会をしているような楽しい気分にさせてくれる本でした。


50歳を目前に控え、正直言うと「もう半世紀も生きてしまったのかぁ…」「この先老いていくだけの人生って寂しいなぁ…」と、かなりブルーになっていた私。

このタイミングで「ガラスの50代」に出会えてよかったです。

やっと3度目の成人式だ〜

そう思って前向きに生きて行こう♪


 

ブログランキングに参加中!ポチッとしていただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ 

-日々の暮らし
-,

Copyright© セカンドハーフdiary , 2022 All Rights Reserved.